東眞會では設立以来、各種の実践空手の大会を開催してきました。
ここでは、その一部ですが、公開します。


 この大会は、幼児から中学3年生までを対象とし、全国規模で開かれている大会です。
 毎年コンスタントに開催され、本年度で7回を数えるまでになりました。

  

  


 

 東眞會は、設立当初はつかみ・投げありのフルコンタクトルールでの稽古を行っておりました。
 そして、その成果を試すべく、臥龍旗選手権と銘打ち、オープントーナメントを開催しました。84年から89年まで開催され、プロレスラー・プロボクサーやキックボクサー・中国拳法など各種格闘技からも参加しました。
 なお現在においては、つかみ・投げなどの危険度の高い技は、初段以上の上級者に限定して練習しています。

  
 





 1級以下で、各種大会での入賞経験の無い子供達を対象とした大会です。
 東眞會内部での大会と位置つけていますが、交流のある他流派道場からの参加実績もあります。



 1級以下で、各種大会での入賞経験の無い、一般道場生を対象とした大会です。
 少年部と同様に、他流派からの参加実績があります。